卓上タイプ お部屋に合わせお選び下さい。

せせらぎ室内ビオトープ - 水換え不要水槽 -
せせらぎ室内ビオトープイメージ
せせらぎ室内ビオトープは、特許取得の水替えが不要な水槽キットです。
魚の糞 餌の食べ残しでアンモニアが発生水は腐り水替えが必要でした。せせらぎ室内ビオトープではろ過装置の竹炭内に発生したバクテリアが汚れた水を分解し、植物が栄養源として吸収してくれ水は浄化され水替えが不要になった自然循環浄化システムです。
ろ過装置でろ過された水は回転しながら水槽に落ち、水中に酸素が溶け込む仕組みが出来上がり魚は元気に育ち、水替えも不要になりました。水が自然落下する時に心地よい“ゆらぎの自然音”が発生、この水音は100kHzまで存在し人の脳波を刺激リラックスさせてくれる事が広島大学で実証されました。
インテリアとしても観賞魚と植物を一度に楽しませてくれ、竹炭と植物(スパティフイラム)は室内のいやなにおいを吸収しながら快適な空間作りもしてくれます。
2010年特許取得、2015年発明協会奨励賞受賞、ひろしまグットデザイン奨励賞、東広島ものづくり逸品認定商品、東広島ふるさと納税の返礼品にも選ばれています。

中型卓上タイプ(既存水槽に設置)
45cm型 ろ過装置+ポンプ+配管セツト(水槽は別)
60cm型 ろ過装置+ポンプ+配管セツト(水槽は別)
 90cm型 ろ過装置+ポンプ+配管セツト+ステンレスブリッジ(水槽は別)

商品のご注文

水替え不要の仕組み

鑑賞魚の飼育を行う際、従来のろ過システムでは長い間同じ水で魚を飼育すると水質は悪化し定期的な水替えが必要でした。
この問題を解決したのが植物と竹炭を組み合わせた「せせらぎ室内ビオトープ」です。(特許番号:4571226 プランター付き水槽)
水槽で観賞魚を飼育すると、魚のフン・餌の食べ残し・微生物の死骸・水草の枯れ葉などからアンモニアが発生します。
アンモニアは有害物質ですが、ろ過装置内の竹炭に発生したバクテリアの作用により亜硝酸塩(亜硝酸塩イオン)に分解され、最終的に硝酸塩(硝酸塩イオン)になり水中に残ります。
この問題は観賞魚を飼育する上で長年問題とされていました。しかし、せせらぎビオトープではこの水替え問題を解決しました。
硝酸塩は少量では魚には害はありませんが、溜まり過ぎると水中のPHも酸性になり魚に影響が出たり、富栄養価状態となり藻などの発生の原因にもなります。
硝酸塩・硝酸塩イオンを分解できるのは嫌気性のバクテリアですが、従来の上部ろ過システムでは嫌気性のバクテリアが育たないため硝酸塩の分解は進みませんでした。そして分解されない硝酸塩が水槽内に蓄積してくるために水替えが必要になっていました。
「せせらぎ室内ビオトープ」では、上部ろ過装置の竹炭内に発生したバクテリア(亜硝酸酸化細菌)がアンモニアを分解し硝酸塩になります。水中に溜まった硝酸塩は、観葉植物が栄養源として吸収する仕組みが出来上がり「水替え不要水槽」を実現しました。3年以上水換え無しの実積も現在更新中です。
竹炭に植え付けた観葉植物は長期の実証の結果、主にスパティフィラムを使用しています、スパティフィラムは花を楽しませてくれ、またタバコの臭いなどの脱臭効果もあり室内の不快な臭いも吸収してくれます。
せせらぎ室内ビオトープは、水を水柱状で回転させ水槽へ複数の穴から均一的に戻すことで水槽内の溶存酸素が増え、水槽内の魚にとっても良い環境を構築できます。落下する際のせせらぎの水音に、人の耳に聞こえない「ゆらぎの自然音」が存在しこの水音がストレスを緩和してくれることが広島大学で実証されました。これらの発明は特許となり様々な分野で評価をいただいております。

植え替え用植物のラインナップは以下の通り

(植え替え用植物)対応できる植物のラインナップは以下の通りです。(カートリッジタイプは各2,500円)

植物

スパティフィラム 人気度:★★★★★

脱臭作用あり、根の張り方が良く水中の養分をしっかり吸収し成長します。年に1度白い花が楽しめます。

コンシンネ 人気度:★★★★☆

乾燥に強い植物で土ではあまり根は張りませんがせせらぎ室内ビオトープ上では根の張り方が良いです。

ガジュマル 人気度:★★★★☆

葉だけでなく木化した幹が楽しめる植物で人気が高く、水の多い適応環境のため根の張り方も良いです。

ポトス 人気度:★★★☆☆

一般的な観葉植物としても人気で根付きも良いです。高くは成長しませんが繁茂し横に広がりやすいです。

サンスべリア 人気度:★☆☆☆☆

根が広がりにくいため植え替えに少しコツがいります。ビオトープにへの適応に少し時間がかかるため在庫少

カートリッジタイプ

25㎝、30㎝型には、植え替えが容易なカートリッジ式も用意しております 2,500円

メンテナンスについて

せせらぎ室内ビオトープでは、飼育する魚によって多少変わりますが、1・2ヶ月に1度の簡易クリーニングと年に1回の観葉植物の植え替えを行う必要が有ります。
ろ過装置には観葉植物が根付くようになっており、しっかりと養分を吸収するため根を生やし、成長していきます。
しかし、根が張りすぎると浄化能力は高まりますが、水の排出口に詰まってしまう可能性があり排出能力が落ちるため、ある程度の期間を置いてろ過装置に関しての水洗いをオススメしております。

以下は1・2ヶ月に1度の簡易クリーニングの手順です

清掃の様子1

① 壁面の清掃
ろ過装置をはずした後、水槽のガラス面の内側に藻などがついていればふき取るなどして清掃します。

清掃の様子2

② 根詰まりの除去
ろ過装置の底部のから出た根をスポンジ等でこすり落とし、シャワーなどで上部から水をかけ流し、きれいな水が底から出るまで洗い流します。

観葉植物の植え替え手順です

準備するもの

せせらぎ室内ビオトープも一般的なろ過装置と同じで、クリーニングをしないと、竹炭も目詰まりをおこし、植物の根が張りすぎ、ろ過した水の排出口をふさいでしまう可能性があります。せせらぎ室内ビオトープでは年に1度程度、全体的なクリーニングと植物の植え替えが必要です。
観葉植物のお手入れの際には画像のように洗浄した竹炭を洗うための桶またはバケツを2つくらいと、育ちすぎた植物の根を切るためのハサミを用意してください。観葉植物の植え替えは基本的に年1回程度と考えていただければ大丈夫ですが、魚の飼育数や、植物の生育状況、硝酸塩の濃度などを考慮して適宜行ってください。

清掃の様子1

1)用意したバケツや桶の上で竹炭をこぼさないようろ過装置から植物を抜き出します。

清掃の様子1

2)植物の根についた竹炭を軽くふるい落とし、根のついたネットも取って清掃します。

清掃の様子1

3)ろ過装置を洗います。底の穴に根の目詰まりがないか見て詰まりがあれば取ります。

清掃の様子1

4)観葉植物の根は目詰まりの原因にもなるため成長した長い根はカットしてください。

清掃の様子1

5)取りだした竹炭は、お米を研ぐような感じで2・3度洗ってきれいな状態に戻します。

清掃の様子1

6)最後に植物を植えつけ、水洗いを行い水槽に戻し取り付けてください。

魚の種類や最適な飼育数の目安について

対応可能な魚の種類や飼育数については表の通りです。
せせらぎ室内ビオトープは上部ろ過を応用して水中の養分を吸収する観葉植物を同時に生育させることで水中の富栄養化を抑制する効果を持っております。しかし、魚の飼育数が多いとその効果を十分に発揮できない場合や、植物が育ちすぎる場合がございますので、できるだけ条件に合った飼育数での型をオススメしています。
飼育数はあくまで目安です。硝酸塩の濃度などを計測し、適宜メンテナンスや飼育数を調整してください。
サイズ 小型魚 (テトラ系)
全長5cm程度に成長する魚です。
中型魚 (金魚など)
全長15cm程度に成長する魚です。
大型魚 (アロワナなど)
全長30cm以上に成長する魚です。
観葉植物
20 型 5 ~ 10匹 1 ~ 2匹 1 株
25 型 10 ~ 20匹 3 ~ 5匹 1 株
30 型 15 ~ 25匹 5 ~ 8匹 1 株
45 型 20 ~ 30匹 8 ~ 10匹 2 株
60 型 30 ~ 50匹 10 匹位 3 株
90 型 15 匹位 3 匹位 4 ~ 6株
商品のご注文

よくあるご質問

なぜ対応できる植物と対応できない植物があるのですか?

植物には乾燥地で育つ植物とそうでない植物があります。せせらぎ室内ビオトープは、水を循環させていますから、水分が多すぎると生育しない植物もありますので、実証済の植物から選んでください。

薬を使っても大丈夫ですか?

魚が病気の原因は水中にいる寄生生物や微生物の影響だといわれています。万が一薬を使用しても植物はそういったものに強い植物を選定しているためほとんど害はありません。しかし、ろ過装置内のバクテリアに薬は影響を及ぼす場合がございます。そのためろ過能力は多少落ちてしまう可能性がございます。
基本的には薬の注意書きにしたがってください。

なぜ植物の植え替えが必要になるのですか?

植物は水中の栄養分を吸収して成長していますが、大きくなると根が広がるため、ろ過装置下部の水の排出口をふさいでしまう可能性があります。そのため、年に1度程度の観葉植物のお手入れをオススメしています。

ポンプは消耗品だと思うのですが、故障した場合はどうすれば良いですか?

ポンプは汎用品を流用していますので、交換時期がきましたら同等の製品を購入すれば簡単に取り替えが可能です。ポンプ単体も販売しています。

苔は生えなくなりますか?

一般的な水槽と同じく、条件によりうっすらと生えることがありますが、水質は良くなるため生え難くはなります。

植物が枯れてしまったらどうすれば良いですか?

植物も生き物ですので当然いつかは枯れてしまいます。その際市販されている土に植え付けられた観葉植物を直接植え付ける事は難しく、竹炭で育てた専用の観葉植物をお使いください。植物単品でも販売を行っております。

ポンプは夜間もONにしておく必要がありますか?

水音が夜間気になる場合はOFにしてもかまいませんが、朝は忘れずONにしていただく必要があります。

地震などの時に安全性が気になるのですが、、、

地震対策の為、水槽は正方形の物を使用しています。地震対策用として木製補強台付きのものであれば倒れにくいようになっております。

商品のご注文